マイスター

ドイツの製菓ゲゼレ、製菓マイスターってどんな仕事?

ドイツで製菓のプロとして認められる、製菓ゲゼレ製菓マイスター。工房での3年間の研修と、職業学校での研修を受け、ゲゼレ試験に合格することで、製菓ゲゼレを名乗ることができるようになります。

ゲゼレは国が認めるプロ認定資格のため、日本人が想像する以上に、重要な資格です。有資格者は、ドイツでの就職が非常に有利であるだけでなく、言語の問題をクリアすればEU諸国での就職も可能になります
日本ではゲゼレを取得し、セルフブランディングとして活用し、製菓業界で活躍する方もいます。

ドイツでは、日常的にケーキを食べる食習慣があるため、製菓のプロになると、公私ともに活躍できるでしょう。製菓業界は、女性の進出もめまぐるしいです。
日本人の研修生も、2年目3年目と経験を重ねると、友人や知り合いなどから結婚式のケーキの発注を依頼されることもあり、ドイツにおける「Konditor/Konditorin(読み方:コンディトア/コンディトーリン、意味:お菓子屋/パティスリー)」の活躍の幅は非常に広いです。

また、Baumlogの運営母体である「ダヴィンチインターナショナル」のプログラム参加者には、研修先で推薦を受けてフランスに交換留学を実現した参加者もいます。積極的に頑張る人には、どんどん道が開けていきますね。

ゲゼレとなった後は、さらなるキャリアアップのために、マイスターを取得するための技術を身につけます。

今回は、製菓ゲゼレ、製菓マイスターとはなにか、どのような仕事をするのか、どうやったらなれるのかを、みなさんにご紹介いたします!

Emma
Emma
これから製菓のプロになりたい方、もっともっと製菓の技術を身につけたい方、必見です!

製菓マイスターとは?

  ゲゼレ マイスター
特徴 ドイツをはじめとしたEU諸国に、製菓のプロとして認められる。製菓の会社、工房で、製菓製造のプロとして働くことができる。 開業資格を得ることができる。そのため、製菓のプロとして現場で活躍するだけでなく、工房(会社)の社長として経営をおこないながら、活躍することもできる。
研修期間 およそ3年間。 決められた期間はない。
研修内容 生ケーキ、焼きケーキ、パイ、焼き菓子(小ぶりのもの)、ムース、プラリネ、マジパン、アイスなど、製菓の製造工程を一通り習得。 技術に加えて、開発力、経営学、教育学を学ぶ。

ドイツではゲゼレがプロとしての認定資格になるため、ほとんどの人がゲゼレとして活躍します。その後開業する希望があったり、人材の育成などのキャリアアップに興味がある人のみが、マイスターを目指す仕組みとなっています。

Emma
Emma
2018年のマイスター合格者は、計262名(男性51名、女性211名)と、毎年増加傾向にありますよ!

ゲゼレの研修では、生ケーキ、焼きケーキ、パイ、焼き菓子(小ぶりのもの)、ムース、プラリネ、マジパン、アイスなど、製菓の製造工程を一通り習得。
試験に合格後、1、2年ほどゲゼレとしての経験を積むことで、ようやく実力のあるプロとして認められるようになります。

Emma
Emma
ドイツで取得する国家資格のため、ドイツでしか学ぶことができない、ドイツ独特のケーキの製造工程や、「マジパン」などを学ぶことができます。

ゲゼレの資格は、他のEU諸国でも認められているため、EU諸外国においてもプロとして就職することができます。ドイツ語圏であれば、語学の心配もありません。
マイスターもゲゼレ同様、他のEU諸国でも国家資格として認められています。

Emma
Emma
ゲゼレは技術力が備わったプロとして認められますが、マイスターは、技術に加えて、開発力、経営学、教育学を学び、すべてを合わせた4本柱の試験に合格した人のみ、マイスターとして認められます

製菓ゲゼレはどんな仕事をするの?


(写真中央にいるのは、ダヴィンチインターナショナルのプログラムに参加し、製菓ゲゼレを取得したサホさん。フランスでの研修時の写真です。)

ゲゼレ

製菓職人のプロとして認められるため、製造現場を任されることも多く、マイスターと一緒に商品開発に携わることもあります。
また、大会への出場機会などもありますよ。

マイスター

マイスターは開業資格でもあるため、工房(会社)の社長業、すなわち「経営マイスター」として活躍する場合と、現場の長として教育や商品開発に携わる「現場マイスター」として活躍する場合があります。

Emma
Emma
責任者、管理者としての立場になるため、権限と責任のある仕事に就くことができます

製菓ゲゼレ、製菓マイスターになったらできること

ゲゼレ

製菓の会社、工房で、製菓製造のプロとして働けます。ホテルやレストランの製菓部門を担当することも。
ドイツの場合は、ゲゼレとしての給与水準が設定されているため、プロとして認められたゲゼレは、安価な賃金での雇用はできないため、安定した収入を得ることができるようにもなります。

マイスター

開業資格を得るため、自分で製菓のお店を開くことができます。経営者、またはマネージメントを伴う、現場の長となり活躍できます。
大手会社においても、マネージメントを司る中間層として活躍することが多いです。

Emma
Emma
日本で活躍する、ドイツのマイスター資格取得者の方は、マイスターとしてのブランディングを構築し大活躍する方が多数います。
Baum
Baum
ゲゼレ、マイスターの資格がなくても、製菓の仕事に就くことはできるの?
Emma
Emma
もちろんです。ゲゼレ、マイスター以外で製菓の仕事に携わる場合は、ゲゼレの下に位置づけられるため、ゲゼレを目指す研修生として、または雑用係、ヘルプのような立場として働くことになります。

製菓マイスターになるまで

1. 国家資格「Geselle(ゲゼレ)」を取得

ゲゼレを取得するための研修には、以下の要件が必要です。

① ドイツにおける以下の学歴を有する者

  • 実科学校「Learschule(レアルシューレ)」卒業
  • 基幹学校「Hauptschule(ハウプトシューレ)卒業
  • ヨーロッパの教育機関である「Gymnasium(ギムナジウム)」にて、大学進学資格「Abitur(アビトゥーア)」取得
Emma
Emma
上記の学歴は、主なものになります。日本人が研修に参加する場合は、高校卒業資格が必要となります。

② 研修を受けるための就職先の確保(就職活動)

研修生として受け入れてもらう研修先を探し、就職活動をおこないます。就職先が見つかってはじめて、研修を開始できるようになります。

Baum
Baum
ドイツで就職活動をするのって、難しそう・・・
Emma
Emma
そうなんですよね。日本人の場合、ドイツでの就職は、ゲゼレを目指すにあたって最初の大きな壁となります

ドイツ語ができない外国人を雇用することは、ドイツの会社にとってもとてもリスクが伴うもの。
外国人を雇用するとなれば、労働許可や滞在許可などの手続きが必要なため、知識のない工房が面倒を見てくれることは、まずありません
またドイツでは、役所の手続きが非常にややこしく、厳しい役所仕事であることをドイツ人もよく認識しています。

そのため、「ダヴィンチインターナショナル」では、一連の就職活動をサポートしております。
個人でチャレンジすれば1年以上はかかるところ、弊社のアドバイスをもとに半年でドイツ語を習得し、そのまま現地の工房への就職(研修開始)することが可能になります

2. ゲゼレになるための3年間の研修スタート

就職先が見つかったら、ゲゼレになるための研修がスタート!
週に5日勤務(業務時間8時間)し、そのうち1日は職業学校に通いながら、ゲゼレの試験を受けるために日々勉強を重ねていきます。

勤務スタイルの例

  • 週に4日:研修先工房での研修
  • 週に1回:職業学校での研修

数週間まとめて学校に通う時期もあります。

3. ゲゼレの試験を受ける

筆記試験が終わったら、別日に実務試験を受けます。
実施試験については、およそ2ヶ月から1ヶ月半前頃に、正式な課題がでます

その課題の準備は、事前におこなっておきます。


画像のように、実施試験ではあらゆるお菓子を制作します。
会場は、見学者が入って自由に試食することができるんですよ。

製菓ゲゼレの試験を受けたサホさん。無事に合格し、製菓ゲゼレの資格を取得しました!

4. 試験に合格し、ゲゼレとなったら、マイスターを目指す!

試験に合格して、晴れてゲゼレとなったら、製菓のプロとして活躍できます!
このままゲゼレとして働き続けることもできますし、さらなるキャリアアップのためにマイスターを目指すこともできます。

Emma
Emma
ご自分の目標に向かって、どんどん進んでていきましょう!

製菓ゲゼレ、製菓マイスターに向いている人

ものづくり、クリエイティブなことが好き ★★★★☆
食への関心、味のセンスがある人 ★★★★☆
チームワークでの活動が好き ★★★★☆
手先が器用 ★★★☆☆
完成度への執着がある ★★★★☆
ドイツ語(※) ★★★☆☆
製菓の経験(※) ★★★☆☆〜★★★★☆

(★は5段階評価)

補足
ドイツ人の場合、「ドイツ語」は母国語なので習得する必要はなく、また、「製菓の経験」については、国の教育システムにより、一から学ぶことができます。
そのため、「ドイツ語」と「製菓の経験」については、日本人が製菓ゲゼレ、さらには製菓マイスターを目指す場合に、大切な項目となります。

ドイツ語を習得していることや製菓の経験があることは、日本人がドイツの研修先に就職する際に大切になります。
基礎的なドイツ語が身についていることと、習得中のドイツ語を補うための製菓の知識や経験があることで、はじめてスムーズに研修先の確保ができます。

Emma
Emma
製菓専門学校卒業、または製菓店で製造に携わっていた人は目指しやすいですよ。

まとめ

ドイツは製菓も含め、スペシャリストを育成する仕組みが秀逸実際の工房で実務経験を積みながら、職業学校で理論を学びます

ゲゼレになれば、一通り菓子部門の製菓製造ができるようになります。さらにマイスターになることで、経営や教育に携わることになり、国家資格のキャリアアップへとつながります

ドイツが優れている点は、転職をする場合も、それぞれの国家資格のランクで採用されるため、給与水準が確保されています。転職に有利な国家資格の仕組みが存在しているんですね。

マイスターに関する情報は、こちらの動画でもご紹介していますのでぜひご覧ください!
他にもドイツのいろいろな情報を発信していますので、興味のある方はチャンネル登録をしていただけると嬉しいです!